イベントは終了いたしました。
次回開催をご期待ください。
講演・セミナー/イベント
主催トークイベント
13:00-14:00

コマーシャル・フォトグラファーが語るハイエンド撮影機材の表現力

フォトグラファー 渡邉 肇 / Hajime Watanabe

1964年生まれ 兵庫県出身。ビューティ、ファッションを中心に、人物からプロダクトまで、さまざまなジャンルの分野で活動。最近は日本の古典芸能“文楽”に密着した映像・写真展を多数開催し、2015年には文楽人形遣い人間国宝吉田簑助の生きざまを撮りおろした写真集「簑助伝」を発表。国内外で好評を博した。

メーカー主催セミナー
14:30-15:30

ライカカメラジャパン(株)

「Leica Style Talk Show」 舞山秀一&萩庭桂太 ライカトークショー

ライカを使って雑誌グラビアや広告写真、写真集、ビューティフォトなどで数多くのポートレート写真を手がけてきた舞山秀一氏と萩庭桂太氏より、プロとしてライカを選ぶ理由やライカボディとレンズの選び方、そしてプロの現場でライカを使いこなす大切なポイントをご紹介します。

舞山 秀一 (まいやま ひでかず)
1962年福岡県福岡市生まれ。
九州産業大学芸術学部写真学科卒業。 株式会社スタジオエビス入社。 同年、半沢克夫氏に師事。1986年独立。
1988年第22回APA展奨励賞受賞。 ポートレートを中心に、広告、雑誌等で活躍中。
九州産業大学芸術学部 客員教授
日本広告写真家協会  正会員

萩庭 桂太 (はぎにわ けいた)
1986年東京写真専門学校卒業。
同年よりフリーランスカメラマンとして活動開始。
雑誌、広告、CDジャケット、カレンダー、WEB等 幅広いメディアで活動中。
ポートレート撮影を中心に仕事のジャンルは多岐にわたる。
「写真家」ではなく「写真屋」、作家ではなく職人であることをポリシーとしている

16:00-17:00

ハッセルブラッド・ジャパン(株)

真のカメラが僕にくれたもの

ハッセルブラッドを使って日々の仕事をこなす Sails Chong 氏が、ハッセルブラッドとはどういったカメラなのかを自身の体験談や作例を交えて語ります。これから実力を高めていきたいフォトグラファー必見のセミナー。(セミナーは日本語で行われます。)

◆講師 Sails Chong (庄 揚帆) 氏
中国で活躍する トップ ウェディング フォトグラファー。日本研究やファインアートを学んだバックグラウンドを持つ。見た目にも美しい中国の美学や息をのむような風景を背景に現代の花嫁のシュールレアリズムなイメージを作り出し、流行のウェディング写真を撮る。中国各地で開催するワークショップは高い人気を誇る。2014年、2015年アジア・ベスト・フォトグラファー。ハッセルブラッド アンバサダー。Studio NEXT-IMAGE 代表。

www.next-image.com

プレゼンテーション
14:00-14:25

ブロンカラー(アガイ商事株式会社)

フォトグラファー吉田明広氏<1002 inc.>がユーザーならではの本音でブロンカラーの魅力をご紹介します。

◇吉田明広
ak-yoshida.com
1980年 東京生まれ 東京工芸大学写真学科卒業後、2005年アマナグループに入社しフォトグラファーとして活動。
2014年 アマナグループを独立後、1002(イチゼロゼロニ)設立。商品撮影を得意とし、化粧品、飲料、プロダクトの撮影を手がける。

15:30-15:55

フェーズワンジャパン(株)

XF100MP、Capture One Pro の概要を紹介

新しいブルーリングシリーズ Schneider Kreuznach 150mm LS f/2.8 IF、Schneider Kreuznach 45mm LS f/3.5やXFカメラのフォーカススタック機能などのご紹介。そして、EIZO株式会社との協業により新たに搭載されたEIZOモニターの調整機能やCapture One Pro9の新しい画像エンジンに関してご紹介いたします。

17:00-17:25

EIZO(株)

デジタルワークフローとカラーマネージメントの基礎知識

色の基礎知識、カラーマネージメントの必要性、sRGB/Adobe RGB/CMYKの違いについてお話いたします。

17:30-17:55

キヤノンマーケティングジャパン(株)

新世代フォトプリンター imagePROGRAF PROシリーズのご紹介

主催トークイベント
10:30-11:30

MYスタジオ+ハイエンド機材で仕事の幅を広げる

フォトグラファー上野山裕二/Yuji Uenoyama

1977年 和歌山県生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒。2004年 アマナを経て独立。2008年上野山写真事務所設立。2012年 クライマーズに商号変更。スチルライフ(物撮り)を中心に広告、雑誌で活躍中。

フォトグラファー 中野敬久/Hirohisa Nakano

1993年 渡英。1999年 東京にてフォトグラファーとしてのキャリアをスタート。雑誌のファッションストーリーからCDジャケット、広告など幅広く活動中。トム・クルーズやジョニー・デップ、ベネディクト・カンバーバッチなど国内外のセレブリティも多数撮影している。2011年、自身のスタジオ「RIOT HOUSE」オープン。

上野山氏作品紹介

中野氏作品紹介

メーカー主催セミナー
12:00-13:00

プロフォト(株)

Pro-10 で撮るスーパーシズルの世界

アマナグループのフォトグラファー 堀内 誠氏が、フォトキナで発表されたばかりのProfoto フラグシップ機Pro-10 を使って、閃光時間 1/50,000 秒で撮ったスーパーシズルの世界を語ります。「想像が及ばない世界の写真」への扉を開くPro-10 のポテンシャルとは。ナビゲーターの坂田 大作氏(SHOOTING 編集長)とともにお届けいたします。

フォトグラファー 堀内 誠/Makoto Horiuchi
1979 大阪府に生まれる
2005 日本写真芸術専門学校卒業
2005 株式会社スプーン(現 株式会社パレード)入社

13:30-14:30

フェーズワンジャパン(株)

イメージクオリティの追求

フォトグラファー 五十嵐隆裕/ Takahiro Igarashi
ファション、ビューティーの分野で活躍されている五十嵐隆裕様をゲストにお招きし、中判デジタルカメラの魅力をお話しいただきます。 35mmデジタルカメラが主流の中、なぜ中判デジタルカメラを使用するのか?1億画素、IQ3-100MPのクオリティ、使用感。XFカメラを導入した理由や自然光の撮影、ライティングのこだわりなどをお話しいただきます。ユーザーだからこそ話せるPhase One・中判デジタルカメラシステムの魅力をぜひお聞きください。

15:00-16:00

ブロンカラー(アガイ商事株式会社)

魅せる商品撮影~上級者編~

ブロンカラー製品のアクセサリー(ライトシェーバー)を使った優位性を商品撮影にて実演
◆講師
 資生堂 宣伝・デザイン部 フォトグラファー  金澤 正人氏
◆講師略歴
 1988年(株)資生堂入社 以降同社の広告制作に関わり現在に至る。
 人物からプロダクトまで、コスメティックス&ビューティーを主に撮影。

プレゼンテーション
11:30-11:55

(株)HGSTジャパン

プロのコンテンツ制作現場向けストレージソリューションのご紹介

撮影現場でのバックアップに、スタジオでの編集に、又、保存用に安全と利便性を兼ね揃えたG-Technology製品による、ストレージソリューションをご紹介致します。

13:00-13:25

ライカカメラジャパン(株)

プロフェッショナルの現場をささえるライカの製品ラインアップとして、ミドルフォーマットデジタル一眼レフカメラの「ライカSシステム」、プロフェッショナル仕様のミラーレスカメラ「ライカSLシステム」、60年以上の歴史が裏づけする信頼性の「ライカMシステム」をご紹介いたします。

14:30-14:55

(株)日本HP

フォトレタッチから4Kムービー制作までさまざまな用途に最適なHPワークステーション Zシリーズのご紹介

HPワークステーションZシリーズは、フォトレタッチやモーションレタッチ、4Kムービー制作、VFXまで、様々なクリエイティブワークに最適なPCワークステーションです。15.6インチ4Kモニターを搭載したノートタイプのHP ZBook Studio G3、23.6インチ4Kモニター一体型のデスクトップHP Z1G3、4K映像制作の標準きとして多数の採用例を誇るHP Z840など様々なラインナップをご紹介いたします。

16:00-16:25

プロフォト(株)

新製品Pro-10 とD2 のご紹介

フォトキナで発表した新製品、最速閃光時間1/80,000 秒、最速連写性能 50 回/秒を持つ「世界最速のストロボ」 Pro-10 と、従来のスタジオジェネレーターを上回る性能を持つ「世界最速のTTL モノライト」 D2 をご紹介いたします。

16:30-16:55

ハッセルブラッド・ジャパン(株)

ハッセルブラッド H6D及びX1Dの概要を紹介

ハッセルブラッドのフラッグシップ機H6D及びミラーレス中判デジタルカメラをご紹介いたします。